G GENERATION FRONTIER「GジェネFR」など新ガンダムネタ『byタネ魔鬼』

このブログはGジェネFRの思い出を引きずりながらガンダムネタを書いていくブログになります!
たまにほかのカテゴリーなども書くこともあります!!
最新情報でない事が多いですがご了承くださいね~
スポンサーリンク

このブログを検索

GジェネFR×ララァ×アムロ 時が見える


「む、ガシャだな」


「クッ。そうか、確率を」


「見えるぞ」


「ラ、ラ?」
「チィッ」
「んっ」
「あっ」


「うんえ、い?」

「ユーザー?」



「うっ。Gジェネユーザーならなぜ戦う?」



「Gジェネを傷付けるから」


「なに?」


「Gジェネを傷付ける、いけない人」


「そ、そんな、馬鹿な」


「そのあなたの力が示している。あなたを倒さねばGジェネが死ぬ」


「Gジェネ?そ、それが」


「あなたの計画はつまらなすぎたのよ」


「つまらなすぎた?」


「なぜ、なぜ今になってガシャ演出をやめたの?」


「なぜ、なぜなの?なぜあなたはこうも後ろ向きなの?あなたには企画力も運営力もないというのに」


「企画力がない?」


「私には見える。あなたの中には今後の見通しもないというのに」


「だ、だから、どうだって言うんだ?」


「見通しがなくて運営してはいけないのか?」




「それは不自然なのよ」


「では、Gジェネユーザーはなんだ?」




「ユーザーはガンダムゲームだから戦っているわ」




「たった、それだけの為に?」



「それはガンダム好きなユーザーの真理よ」


「では、この僕達の出会いはなんなんだ?」



「ああっ」



「これは?これも運命なの?運営」


「ああ、そうだ、そうだと思う。これも運命だ」


「なぜ、なぜなの?これが運命だなんてひどすぎるわ」


「しかし、認めなくちゃいけないんだ。ユーザー、あきらめて」


「そ、そうなの?そうなのかしら?運営の言う通りなの?」


「ユーザー」
「運営」




「…運営、いけないわ」



「…でも、なんで今、今になって」

「それが運営の背負った宿命なんだろうな」

「あっ」
「うっ」


「Gジェネユーザー、奴とのざれごとはやめろ」




「運営は終わりへ向かってゆくのね。他のゲームと同じように」


「そ、そうだよ。ユーザーの言う通りだ」


「運営は本当にやめるの?」



「や、やめないさ、ま、まだSFRガシャは健在なのだから。運営はいつか集金方法さえ支配することができるさ」





「ああ、GジェネFR、時が見える」
スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

このブログを検索

スポンサーリンク

LINEガンダムウォーズ

LINE: ガンダム ウォーズ
LINE: ガンダム ウォーズ
開発元:LINE Corporation
無料
posted with アプリーチ

アンケート